ギター弾き最強のストレッチのコツはコレ!

こんにちは!

仙台入門ギター弾き語り倶楽部の佐々木です。

今回は、私がギターを初めて間もない頃にやっていたが、現在はやっていないことを一つご紹介します。

それは、指のストレッチ です。

これ、必要ありません(笑)気休めです(笑)

初心者時代は何故、指のストレッチをしていたかというと、確か当時読んでいたギター関連の本に書いてあったのです。

当時はギターが上手くなりたい一心で真似してよくギリギリギリ…と指の股を大きく開いたり逆反りをさせたりしていましたが効果は感じませんでしたし、実際プロ級のギタリストも練習前のストレッチを実践している人はほとんどいないと思います。

指を広げてストレッチをしている画像
こんなストレッチや…
手指を反らせてストレッチをしている画像
こんなストレッチは不要です(笑)

しかしギター入門者・初心者の「あるある」の一つに

「Cコードを押さえるときに人差し指を真っ直ぐに押さえられない」

「指が目的の場所にまで届かない」

という問題がありますが、これは練習で意識的に人差し指を真っ直ぐに押さえるようにしたり、指が目的の場所まで届くように努力したりしているうちに、勝手にきれいに矯正されていくのです。

当ギター教室の生徒様も、皆さん徐々に指がストレッチされて、きれいにコードを奏でられるようになっていっています。

手を広げてギターの指板を押さえている画像
練習を続けていればこんなフォームもできるようになります
ギターのCコードを押さえている画像
Cコードも練習しているうちに真っ直ぐに押さえられるようになります

結論。

ギター弾き最強の指のストレッチは、意識的な実践練習である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA