1弦が鳴らない問題の正体

こんにちは!
仙台入門ギター弾き語り倶楽部の佐々木です。

今回は、コードを鳴らすときに「1弦が鳴らない」という問題について書きます。

レッスンをしていて、入門者の生徒様によく当たる壁「1弦を鳴らせない問題」の乗り越え方について研究をしていました。

問題の状況は、薬指が1弦に当たることによるもの。
指はしっかり曲げて押さえているので、押さえ方に問題はないのです。
こんなときはどうすればいいか。自分の手を使って研究をしてみました。

そこで出た解決方法は「手首を曲げる」というものでした。
手首を曲げれば各指が浮くので、1弦に当たらなくなる→音が出る というわけです。

なので、コードを押さえるときは手首を曲げることを意識してみてください!

ギターのDコードのフォームで手首を曲げていない様子のジェスチャー
手首を…(例としてDコードのフォームをとっています)
ギターのDコードのフォームで手首を曲げているジェスチャー
曲げる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA