ギターの弦は弾かなくてもサビるのか?

ギターの弦を交換しているところの画像

こんにちは!

仙台入門ギター弾き語り倶楽部の佐々木です。

皆様、ギターの弦は張り替えていますか?

ギター入門者・初心者の方はまだ弦の交換はしたことがないかも知れませんが、ギター生活を続けていれば必ず弦交換をする時が来ます。

そこで今回は、ギターの弦は弾かなくても所持しているだけで錆びるのか?というのに加えて、サビに強いオススメの弦についても書きます。

ギターの弦は弾いていなくても空気と湿気を帯びれば錆びる。

使用済みで手垢や汗が付着したギター弦は、ある程度の期間が経つと6,5,4弦の巻弦(ワウンド弦)は茶色く変色し、3,2,1弦の、むき出しになった弦(プレーン弦)は本来はツルツルなのが、ガリガリに腐食します。

この状態になった弦で弾くと、指が臭くなります!

金色の弦はサビやすく、銀色の弦は錆びにくい

これは私の経験則です。

上述した、茶色に変色し、弾くと指が臭くなる弦というのは、決まってゴールド色の弦なのです。

当ギター教室の貸出用のギターには主にシルバーの弦を張っています。

シルバーの弦は何ヶ月経っても錆びていません。

なので、弦を買うなら銀色のものがオススメです。

コーティング弦は超オススメ

弦にはエリクサーというブランドに代表される、弦の周りをコーティングして錆びなくさせたギター弦もあります。

アコースティックギターを二本並べた画像
私は自分のギターにエリクサーの弦を張っています

エリクサーの弦はコチラで販売されています。

コーティング弦はいつもツルツルしていて弾きやすいですよ!

ひとつだけ難点なのが、コーティング弦は硬いということです。

なので、コーティング弦を購入する際は、普通の弦より1ランク細くて柔らかい弦を買うことをお勧めします。

参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です